トップ / 痛みのない歯医者の治療

痛みのない歯医者の治療

歯医者の技術が向上

歯医者の麻酔の種類とは

歯医者で使われている麻酔には種類があります。まず、麻酔薬を歯茎に塗って、表面の感覚を麻痺させる表面麻酔法は、注射をするわけではないため、痛みを感じずに麻酔をすることができます。表面麻酔をする際には、口の中に綿を入れて、歯茎に塗った麻酔薬が流れないように唾液をブロックしながら数分待つと麻酔が効く仕組みです。次に、浸透麻酔法は、歯茎に麻酔薬を麻酔します。針や麻酔薬の温度などに気を配ることで以前と比べると痛くなくなっております。歯医者の麻酔は用途に応じて使い分けられております。

歯を削らない歯科治療

虫歯になったら、歯科医院で歯を削って治療してもらうのが、今までの方法でした。しかし、現在では、オゾンの力を利用して殺菌することで、歯を削らなくてもいい方法が登場しました。ドリルを使わずに、虫歯を溶かす特殊な薬を付けるという治療法もあります。取り入れている歯科医院はまだ少ないですが、今後普及していく治療法です。虫歯菌を死滅させる機械や、歯の絆創膏も開発されていて、虫歯治療はどんどん進化しています。虫歯に一度なると、放っておいても治ることはないので、早めに受診しましょう。

↑PAGE TOP