トップ / 歯並び治療の必要性とは

歯並び治療の必要性とは

歯並び治療の必要性

矯正歯科の歯並び治療の必要性

矯正歯科では、叢生や上下顎の前突、開咬などの不正咬合の矯正治療を行ないます。歯並びを直す目的は、見た目がきれいになるという審美的な目的だけではありません。歯並びに異常があると、身体的にもいろいろな影響がおよびます。例えば、かみ合わせが正しくないことによって食べ物をしっかり噛むことができないと嚥下に支障が出ることもありますし、いつも充分に咀嚼されないまま食べ物を飲み込んでいると胃腸に負担がかかることもあります。また小児の場合は正しい発音が身に付かないという可能性も出てきますし、将来永久歯がきれいに並ぶためにも早めに矯正歯科に相談すると安心です。

歯並びが及ぼす影響について

歯並びが悪いと見た目や虫歯になりやすいだけではなく、発音や嚥下にまで影響を与えます。発音は、歯並びが悪いことで歯と歯の間に隙間ができ、そこから空気が抜けてしまうために話しづらくなってしまったり、ガタガタの歯の並びで舌の動きが制限され言葉を発する際に支障が出てしまう可能性があります。サ行やタ行が言いにくいと言われています。また、嚥下は、歯の並びが悪いために前歯で上手く食べ物を噛み切れなかったり、奥歯でしっかりと噛むことが出来ずに消化に影響を与える可能性があります。よく噛まずに食べると唾液が出ず、消化器官に負担が出てしまいます。このような事態を避けるためにも、歯科医院でしっかり歯科医に相談した上で矯正などをすることが重要です。

↑PAGE TOP