トップ / 歯並びの悪さが及ぼす影響とは

歯並びの悪さが及ぼす影響とは

歯並びを治療する歯科

歯並びを治療する歯科のこと

歯並びを治療するための歯科医院というと、矯正を専門にしているところがいいでしょう。八重歯があったり、すきっ歯や出っ歯、受け口など、いろいろなパターンがあります。複雑に生えている歯では、虫歯などができやすかったりして、口内環境に悪影響であることもあります。それは、歯並びが悪いことによって、歯磨きなどのブラッシングが行き届かなかったりして、歯石や歯垢がたまりやすかったりすることもあるのです。ですから、きれいな並びになったほうがよいといえます。矯正歯科の治療は、早い時期のほうが歯が動きやすいので、小学校くらいにするといいようです。

歯並びの悪さが及ぼす影響

歯並びの悪さは、様々な悪影響を人体に及ぼします。歯に関しては、歯並びが悪いことによって、歯と歯の間や歯茎に歯ブラシを正確にあてることが難しくなり、虫歯になりやすいといわれています。また、噛む時に、顎の力を均等に分散することが出来ず、顎関節症になる可能性を高めます。発音に際しても歯と歯の間に隙間があると空気が抜けて話しづらくなることがあるため、下の動きに制限がでてきてしまい、発音が悪くなることが確認されています。このような状態を避けるためにも、歯科に行って歯科医に相談した上で矯正するのが望ましいとされています。

↑PAGE TOP