トップ / インプラントが出来ない例

インプラントが出来ない例

インプラントが不可能

インプラントが出来ないケース

インプラントが、残念ながら出来ないケースもあります。例えば重度の歯周病の場合は先に歯周病の治療をすることが必要です。全身疾患があり手術そのものが出来ない人も当てはまります。喫煙者に関しては治療できない場合もありますが、歯科医院によっては治療中は最低でも禁煙し、治療後は本数を減らすように指示されることもあるようです。また、治療後に歯科で定期的なメンテナンスが出来ない人も治療は出来ないかもしれません。インプラント治療をするために他の治療を先にしなければならないこともあるので、しっかりと歯科医と相談しましょう。

進化しているインプラント治療

欠損している歯の治療には、ブリッジや入れ歯を入れるといった治療などがありますが、いずれの治療も残っている健康な歯に負担をかけてしまいます。ブリッジは周りの歯を削って被せる必要があり、入れ歯は固定するために周りの歯に力をかけてしまいます。そのために残っている歯の寿命が短くなってしまう可能性があるのです。それに対しインプラントは、顎の骨に直接人工歯根を埋め込み、その上に義歯を付けるので、周りの歯に悪い影響を及ぼすことがありません。インプラント治療の安全性は飛躍的に向上していて、安心して治療が受けられるのです。

↑PAGE TOP